カードローンとキャッシングはどう違う

カードローンとキャッシングはどちらも個人向けの融資ですが、融資額と返済方法に違いがあります。まず融資額ですが、前者は小口から大口までかなり幅が広いです。数十万円の少額はもちろん、数百万円という大きな金額も借りられるローンも少なくありません。

 

一方後者は小口の融資が一般的となっており、数万円単位から50万円まで借りられるのが普通です。金利は前者の方が後者よりも安くなっています。

 

返済の方法も違っており、カードローンではリボルビング払いで毎月分割して返済をしていきます。このローンの借り入れは専用口座からできますが、返済は利用者が持っている普通預金の口座から自動で引き落とされます。借り入れの残高によって毎月引き落とされる額は少しずつ少なくなりますが、毎月一定額をリボルビング払いで返済を行います。

 

そしてキャッシングは借り入れをした金額を翌月に一括返済するというのが一般的な返済方法です。このようなことから、キャッシングはすぐにお金を借りたいという人、少額のお金を借り入れてピンチをしのぎたいという人に向いており、カードローンはまとまったお金を借りたい人や、安い金利でお金を融資してもらいたい人に向いています。

 

何かと便利なカードローンを安心して使うために、低い金利で借りられる可能性があるオリックス銀行での個人融資を利用しましょう。